逆流性食道炎の改善するには症状や対策を知ることから始める

胃から食べ物が逆流してくる

食べたものが胃から上がってきたり、頻繁に胸焼けを起こしたりするのは、逆流性食道炎の可能性が高いです。逆流性食道炎は軽度であるとそこまで日常に影響はないのですが、悪化してしまうと不快な気分になることが多いです。

胃酸の逆流から始まる

医者と看護師

逆流性食道炎について

逆流性食道炎という病気を聞いたことはないでしょうか。胃液や胃で消化している食べ物が食道にまで上がってきてしまうことで発症するのが逆流性食道炎です。なぜ、胃液や胃で消化している食べ物が原因で発症するのかというと、胃酸の強さに関係しています。人間の胃酸は食べ物を消化するために、強力にできています。それが逆流することによって、食道の粘膜が耐えられず炎症を起こしてしまいます。

代表的な症状

逆流性食道炎の代表的な症状に、呑酸と胸焼けが挙げられます。吞酸は、口の中に酸っぱい胃酸が拡がる症状です。また、吞酸は息をしても匂いがするために日常生活にも気を遣わなければいけません。しかも、吞酸は臭いだけでなく、口にも拡がる症状なので不快に感じてしまいます。吞酸のせいで食事を食べても吐いてしまうケースもあるほどです。ですから、症状を感じたらすぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

逆流性食道炎の対策

逆流性食道炎に悩んでいるなら、病院での治療はもちろんですが、サプリや漢方などを活用して改善を試みてもいいでしょう。逆流性食道炎に対して有効なサプリや漢方は沢山ありますが、一番は胃酸を抑える薬を活用することがおすすめです。胃酸を抑えることが出来れば、逆流性食道炎を根本的に治すことができます。

逆流性食道炎になりやすい要因

肥満が要因

欧米では肥満体の人の多くが逆流性食道炎で悩んでいると聞きます。逆流性食道炎になる要因として、肥満によって腹圧が上昇してしまうことが挙げられるでしょう。腹圧が上昇するということは、それだけ腹部に負担がかかり胃酸の逆流のリスクが高くなるという事です。

加齢が要因

加齢によって、人体は様々な機能が低下します。その低下する機能の一つとして、下部食道括約筋があります。下部食道括約筋が弱くなると、胃酸が食道に逆流しやすくなります。その為、若い年代よりもお年寄りの方が逆流性食道炎になりやすいのです。

ストレスが要因

日々の生活でストレスを感じると、胃炎や胃潰瘍などが引き起こされると言います。また、逆流性食道炎もストレスが要因である可能性があります。ストレスによって食道の感受性を高めてしまい、胃酸の刺激を受けやすくなるのです。ですから、ストレスを溜めこまないように心掛けるといいです。

脂肪の多い食事が要因

脂肪の多い食事がなぜ、逆流性食道炎になりやすいのかというと、下部食道括約筋を緩めるからです。脂肪の多い食事はホルモンの働きを通じて、下部食道括約筋の機能を低下します。しかも、脂肪の多い食事は体に消化しにくい物質なので、胃酸を増やす原因になります。

食道裂孔ヘルニア

逆流性食道炎と併発してなりやすいのが、食道裂孔ヘルニアです。食道裂孔ヘルニアは胸とお腹を隔てている横隔膜に負荷がかかることによって起こります。横隔膜の下にある胃が胸の方に飛び出すことで、食道との距離も近くなり胃酸も逆流しやすくなるのです。

【PR】
下肢静脈瘤を治せるクリニック。
最先端技術で効果的に集中治療。<PR>
脳腫瘍に特化したクリニック。
腕前の良いドクター在籍☆もう病気で悩まない。【PR】
免疫治療を開始しよう!
健康長寿を目指しているならチャレンジ!